「唯ちゃん未来へタイムスリップ」シリーズまとめ3作品

同人サークル「ぼーぼーず」から配信されている「唯ちゃん未来へタイムスリップ」シリーズの作品一覧です。

現在「唯ちゃん未来へタイムスリップ」シリーズのふたなり作品は全部で3本リリースされています。

唯ちゃん未来へタイムスリップ4性器膨張愛液噴射少女

ぼーぼーず
発売日:2019年05月03日
サイズ:32ページ
料金:275円
販売ページを開く

早苗が超巨大ロングコックに食われた。唯、クローン、あゆみ、クチュ、チュリの5人はロングコックを追いかけ、迷う。そこに突如民家が現れた。そこには木村美優という1人ぼっちの少女がいた。美優は両親に出ていかれてひとりぼっちだという。唯のクローンは過去の記憶で、美優こそが早苗のオリジナルだという。一方吉田風花は唯のためにロケットを守るために散華したと思われていたが実は生きていた。自由共和党の阿部野総理に凌●を受けながら100年。性的拷問を受け続けていた。フルカラー31ページ 表紙1ページ 早苗おシッコ浴びちゃったの前夜ストーリーです。合わせてどうぞ。

唯ちゃん未来へタイムスリップ 第2章 発進編

ぼーぼーず
発売日:2018年09月28日
サイズ:30ページ
料金:275円
販売ページを開く

2017年。吉原唯は、吉田風花と共に100年後へコールドスリープして未来へ行くはずだった。しかし、なにか様子がおかしい。吉原唯はふたなり化出来ず、やっぱり不老不死になる必要があると言われる。そしてロングコックという謎のクリーチャーでハイブリッドジェニタル発表会は混乱の渦に。訳のわからないまま、未来へ旅立つ。 フルカラー30ページ

唯ちゃん未来へタイムスリップ

ぼーぼーず
発売日:2018年08月05日
サイズ:30ページ
料金:275円
販売ページを開く

全裸でハイブリッド性別、食糞という絶望的な未来へ向けて、2人の少女がコールドスリープに挑む カラー30ページ 舞台は現代からはるか遠い未来。地球は破滅しては再生を繰り返してきた。再生の度に人間が産まれ、同じ時同じ場所に同じ人間が出来ていった。ある時人類は人工の月を打ち上げる。その月は地球上のあらゆる出来事の記録に成功した。 つまり地球が破滅する前の世界の記録を辿れば未来に起こりうる事も予想が出来るという事だった。 主人公、吉原唯は前世でガンを患い、未来の医学に希望を託すべく、コールドスリーブして100年後の世界へ。その過程で彼女はガンの治療薬ガンコ●●の副作用によって不老不死になってしまった。前世の彼女は地球の破滅後も死ねずに地球からつまみ出されて宇宙空間をさまよっている。 今回、吉原唯がガンになる前に100年後の世界に送ってしまおうという計画が立てられた。 吉原唯が不老不死にならず、ちゃんと死ぬことができる事。 これが今回の目的である。 そして、この計画の発案者吉田茂教授のクローン、吉田風花と共に未来へ。 ただし、月が教えた100年後の世界は性が統一された世界。ハイブリッドジェニタルという性器をもったハイブリッドジェンダーという第三の性の世界だった。そしてその世界は着衣を嫌い、互いの(または己の)排泄物を食料とする絶望的世界だった。 1ヶ月のトレーニングを経て未来へ向かおうとする2人だが。

タイトルとURLをコピーしました