「名門包茎女学院」シリーズまとめ3作品

同人サークル「ぼーぼーず」から配信されている「名門包茎女学院」シリーズの作品一覧です。

現在「名門包茎女学院」シリーズのふたなり作品は全部で3本リリースされています。

包茎女学院緊急身体検査

ぼーぼーず
発売日:2019年12月20日
サイズ:26ページ
料金:275円
販売ページを開く

短小族と巨根族がセックスをすると、爆根化してしまうという迷信があった。迷信であることが公になり、うっぴゅとウニはセックスをするが、短小族のウニの陰茎は巨大化してしまう。そこで、包茎女学院では緊急身体検査が行われることになった。管理者責任追及のため、泉校長、チウン教師も検査される。検査の医師は、泉校長の双子の妹、ヨドミだった。ヨドミは、泉と比較され、常に姉に劣る存在として扱われてきて、泉を陥れたいと常日頃考えていた。泉校長に掛けられた疑いは、陰茎圧縮剤で巨根族の生徒たちの陰茎を圧縮したこと。その方法は、陰茎に薬を塗り、巨根族の生徒のアナルに挿入すること。弛緩剤を使えば、元の巨根に戻る。泉校長が弛緩剤で圧縮された陰茎を持つ生徒、ツンパに挿入して、ツンパの陰茎が巨根戻りすれば泉校長の罪が明白になり現行犯逮捕できる。泉校長を愛しているなめ子は泉校長を救いたい。コガメとチッコの協力で冤罪をあばく。 ほぼ全員短小包茎です。 フルカラー26ページ

名門包茎女学院ちん体測定

ぼーぼーず
発売日:2019年11月29日
サイズ:24ページ
料金:275円
販売ページを開く

包茎女学院では、淑女たるもの包ましく、短小でなければならない。陰茎が大きいものは学園に在籍を許されない。大きくてだ脱茎のものはもちろん、平常時に比較し勃起時にも大きい場合にも学園に相応しくなく、即退学という処分が下される。就職に有利なこの学園には、相応しくない女子も大勢いた。そしてかなりの生徒が退学処分になる。そこまで厳しいのには理由があった。巨根族が短小包茎と性行為をすると、短小包茎の女子の陰茎が2メートルの爆根になってしまうという噂があったからだった。前作に比べて、ほぼ全ページ陰茎だらけ。よりエッチなことをやりまくってます。カラー24ページです。

名門包茎女学院

ぼーぼーず
発売日:2019年10月04日
サイズ:24ページ
料金:275円
販売ページを開く

名門包茎女学院 今から100年以上未来。人類は子孫を残すためにさまざまな肉体改造をして来た。たどり着いたのは性別統一化。全ての人間が男根を持ち、肛門が膣を兼ねて誰が誰を愛しても良い時代になっていた。ただし、下半身は洋服を身に纏えない体質。全てが平等なはずの社会には、巨大な男根をもつふとなり族にたいしての暗黙の差別が密かに行われていた。なめ子は短小包茎。名門の包茎女学院へ特待生で迎えられる。そこで首席入学したふとなりの娘、チッコと出会い恋におちる。しかし、暗黙の差別で引き離されてしまう。異質な世界での困難な恋愛模様を表現した物語。カラー24ページ

タイトルとURLをコピーしました